ホーム........世界のニュース........定期講演会記録.........見聞録.........出張講演記録.........リンク

定期講演会記録12

第12回 中部地雷問題支援ネットワーク定期学習会
今日の地雷問題ー16年3月3日~4日、東京地雷国際会議から 日本の地雷関連ODAの反省と将来の援助政策

場 所    名古屋国際センター
日 時    2004年3月14日 午後1時〜4時
参 加    11名

ーーー地雷被災国10カ国からの声に基づいてーーー
  2004年3月14日に名古屋国際センターにおいて中部地雷問題支援ネットワーク主催の第12回定期学習会を開催いたしました。今回は東京からJCBL代表の北川泰弘さんをお招きしました。参加は15名でした。今日の地雷問題を分かりやすく語っていただきました。以下は講演記録です
 JCBL代表の北川です。まず始めにICBL(地雷廃絶世界キャンペーン)についてお話します。ICBLを支える団体が世界に約1300あると言われています。これらの団体は「悪魔の兵器」地雷を廃絶するという人道的な目標は共通ですがその他の目標はばらばらです。仏教の団体もあればキリスト教の団体もあり、宗教に全く関係ない団体もあります。ICBLは地雷を無くすという目的のためにいろいろな団体が非常にゆるく繋がっている団体と言えます。また、キャンペーン活動をするのに事務所を置いて職員に毎月給料を払うととてもお金がかかりますので、ほとんどの団体は事務所を置かないで自宅や自分の職場で平生の連絡はインターネットで取り合っています。
                                       (以下略)


ページトップへ

ホームへ

世界のニュースへ

定期講演会記録へ

見聞録へ

出張講演記録へ

リンクへ

inserted by FC2 system