無料レンタルサーバー

005.png

対人地雷問題の中部地雷問題支援ネットワーク

  • P1000629.JPGチャンナレットと白井(2009年 シェムリアップ:カンボジアにて)

 中部地雷問題支援ネットワークは1998年9月から12月にかけて実施された日本初の本格的地雷問題講座の「今、最も深刻な環境問題としての地雷問題を考える」を契機に発足しました。

 連続10回の講座では、様々な立場の講師陣から、最新の地雷問題の実態が報告され、問題の深刻さが浮彫りになりました。講座を終了するにあたり、地雷問題はもっと継続的に取り組んでいく必要があり、より一層多くの一般市民の方々に目を向けていただけるよう、様々な機会を設けたいと思いました。そうして出来たのがこの中部地雷問題支援ネットワークです。このNGOを立ち上げる際に目的としたことが対人地雷問題の深刻さを身近な人々に知っていただくことでした。

 時を経て情勢が変わり、今や対人地雷問題への関心はずいぶん薄くなりました。ですが、対人地雷の問題が無くなったわけでも何でもありません。今後も地道に問題を訴え続けていく必要があります。今後も以下のふたつを出来る限りお伝えしていきたいと思っています。


(1)地雷問題と雷問題支援活動の実態を市民に伝える講座を年2回は実施する。

(2)世界各地から次々寄せられる様々な地雷問題の関連ニュースをリアルタイムで市民の方々に提供する。


このホームページは以上の2点の実現のための具体的手段です。


(白井のプロフィル)
 1997年に自ら開催した対人地雷問題の講演会を契機に、対人地雷禁止活動に参加。中部地雷問題支援ネットワークを立ち上げ、1998年にはJCBL(地雷廃絶日本キャンペーン)にも加わり、活動を続けている。カンボジアへの渡航歴は20回以上です。2014年にはアンゴラでの現地調査も敢行しました。リタイア後も細々と活動を続けています。

(お知らせ 最新

 こんにちは。随分遅くなりましたが、2017年5月に開催した第36回の講演会の記事をアップしましたのでご覧下さい。

第36回定期講演会

そう言えば、もうすぐランドマインモニターレポート2017がICBLから発表されますね。出たらなるべく早く翻訳して掲載します。



(最新情報)

第37回中部地雷問題支援ネットワーク講演会

シリアの「復興」で残される難民の問題


 第37回目の中部地雷問題支援ネットワーク講演会を開催します。今回は昨年に引き続き地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)理事、日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)海外事業担当の内海旬子さんをお招きし、7年目に入ったシリア紛争によって66万人の難民が暮らしているヨルダンでJIM-NETが続けている負傷者・障害者支援活動の現況をお話していただきます。現地からの最新情報が伺える希有な機会です。ご来場をお待ちします。

講  師   内海旬子(JCBL理事、JIM-NET海外事業担当)

開催日時  2017年12月23日(土) 午後2時〜4時

開催場所  名古屋市東生涯学習センター  第2集会室

          名古屋市東区葵一丁目3-21 地下鉄「新栄町」徒歩4分

費  用  無料

定  員  40名

参加資格  15歳以上

申込方法   こちらにて事前申込

問合せ先   eメール cba31680@pop06.odn.ne.jp





ICBL関連                詳しくはこちらを

定期公演会記録             詳しくはこちら

見聞録                 詳しくはこちら

出張講演記録              詳しくはこちら

このホームページの内容については白井敬二が全責任を負います。ご意見等はcba31680@pop06.odn.ne.jpまでお願いします。

inserted by FC2 system